« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月25日 (木)

やすりのまち仁方町の神様

やすりのまち仁方町の神様

ヤスリのまち仁方町には、八岩華神社(やいわばなじんじゃ)があります。

毎年やすり祭りの日には、業界人が集まってお祝いをさせて頂いて、業界とも実に縁の深い神社です。

この神社の花田忠正宮司さんと私は、幼なじみでとても素晴らしい方です。

地元仁方町に帰られる前は靖国神社の権宮司までされていたのですが、父君でもある先代宮司さんがお亡くなりになった後地元に帰って来られました。いつ参拝させていただいても、隅々まで清掃されて、心あらわれる思いがいたします。

ここで神社の歴史について紹介させて頂きます。(パンフレットより)

明治41年(19081110日、現在地(西砂)に鎮座せる岩倉神社(いわくらじんじゃ)に一井迫の八幡神社(はちまんじんじゃ)並に中筋原の下華田神社(しもはなだじんじゃ)を合祀し、各神社の社名を手取りて八岩華神社と称す。

 拝殿は、大正9年(1920)、本殿は昭和九年(1934)花田瑞穂宮司のときそれぞれ再建さる。また、平成8年(1996)に大修復なる。

八幡神社は豊前宇佐八幡宮より仁方一井迫に勧請された社であるが年暦不明なるも、宇佐八幡宮によれば貞観年間(859~876)ではなかろうかと云う。

文明6年(1474814日花田中務大夫藤原重光再興。弘治2年(1556)1124日忠海村床浦城主、浦兵部平宗勝再興。又、享保13年(1728)再興と伝える。

 岩倉神社の創祀は川尻岩戸浜の南、女猫島の北谷に天文年間(15321554)と伝えられるが、永禄年間(15581569)に毛利元就付近の神田字名吉悪(よしあし)を永代奉納す。永禄5年(1562917日仁方村神職.・花田兵部忠次、仁方の西砂遷座せしむ。下華田神社は紀伊国熊野本宮大社より中筋の原の地に勧請せし社、その年暦不明。万延元年(1860)花田伊勢守忠盛再建せりと云う。

 平成20年の年が八岩華神社御鎮座(合祀)百周年にあたる。

 八岩華神社の御祭神について

誉田和気尊(ほんだわけのみこと)

息長帯日売尊(おきながたらしひめのみこと)

帯中津日子尊(たらしなかつひこのみこと)

邇々芸尊(ににぎのみこと)

 以上がパンフレットに書いてある神社の紹介です。

 ちなみに、呉市ホ-ムペ-ジの”文化財・訪ね歩き”のにも神社のことが紹介されています。

http://www.city.kure.hiroshima.jp/bunkazai/page13.html

皆さんの町の古くからある神社の歴史を知っていますか?色々調べてみるのもいいかも知れませんね!。

|

2006年5月19日 (金)

やすりと味噌の話

                -ヤスリと味噌-

ホ-ムペ-ジの“ヤスリができるまで”の焼入れ工程にも出てくる味噌付けについて、今回はお話します。

ずっと以前、クイズ番組で私が出題者としてテレビ出演しましたが、その時の問題が“ヤスリの焼入れ前に塗るものは何でしょう”という内容のものでした。皆さん味噌を塗るということに対して一様に驚かれます。

私も若い頃に興味半分で、味噌以外に、醤油・酒・カルメラ・お好み焼きのソ-ス・ケッチャップ等々色々つけてやって見ました。それぞれ独特の匂いはして非常によかったのですが、肝心の焼入れには全く適しませんでした。

先人達が色々試行錯誤の末、やっと味噌にたどり着いたことを考えますと、頭が下がる思いがしたのを今でも覚えています。

ここで、平成3年10月7日の中国新聞に記載された、ヤスリ博士苅山信行先生の“ヤスリ八題味噌をつける”を紹介させて頂きます。

-やすり八題 味噌をつける-       苅山信行著

ヤスリ工場に足を踏み入れると、プ-ンと味噌の焼ける匂いがする。味噌はヤスリの焼入れに使用する。

 焼入れはヤスリの表面に味噌を塗って乾燥後、800度に加熱して水冷する。800度のヤスリが20度の水に

入った瞬間、ヤスリの表面は水蒸気で覆われる。水蒸気で覆われると焼入れが不完全になり、結果ヤスリが切れなくなる。

 味噌を塗布するとヤスリが水蒸気に囲まれることなく、均一に冷やされ完全焼入れができる。

味噌付けのそのほかの効果としては、刃先から炭素(硬くするため最も必要な元素)が逃げたりする事を防ぐ事である。

 ヤスリのほかに味噌を塗って焼入れした刃物は、長野県の信州鎌(かま)や愛知県豊橋の鎌、鳥取県倉吉の千歯などがある。

 ちなみに昔外国人のヤスリの焼入れは、過熱したヤスリに糞を塗ったり、牛の角の粉末と塩を振りかけたりして行った。英国ではビ-ル酵母の中にヤスリを浸した後、海塩とモミガラをまぶして焼入れしたらしい。

 

皆さん、ヤスリに味噌をつけると言う意味がよくわかっていただけたでしょうか。 

それでも、なぜ焼入れに味噌でなくてはいけないのでしょうか。そこのところが研究機関等色々調べてみても、昔からわからなのです。

 そうなんです、そこがみそなんです?!

                             

|

2006年5月12日 (金)

やすりドクター苅山さん

やすりドクタ-苅山さんのプロフィ-ル

“やすりよもやま話”に登場していただいている、“やすりドクタ-苅山さん”のプロフィ-ルを紹介させて頂きます。

苅山さんは広島県立西部工業技術センタ-に長年在職され、定年退職後の現在もやすり業界に数々の貴重なアドバイスをして頂いています。我々にとって、文字通り“困った時の苅山頼み”です。

 プロフィ-ル

Img_0003_6

苅山信行

昭和18年呉市生まれ

近畿大学工学部卒  たたら研究会・産兼考古学会会員   主な著書・論文「やすり読本」「改訂やすり読本」「室町・江戸時代の鉄釘の冶金学的調査」など

現在呉市川尻町在住

|

2006年5月11日 (木)

取扱商品一覧

取り扱い商品一覧
弊社ホームペ-ジ製品案内のヤスリ・金型用砥石・ミヤソ-以外にも、各種商品を販売いたしております
(その取扱商品をメ-カ-別に紹介させていただきます)
グ-リングジャパン㈱    各種ドリル・リ-マ-・タップ・超硬ドリル・エンドミル
(ドイツ)
アトラックス (アメリカ) 超硬ロ-タリ-バ-・HI-TEN超硬ドリル
ビアックス  (ドイツ) エア-グラインダ-
ドトコ     (アメリカ) エア-グラインダ-  
ウエン    (スウェ-デン) マ-キングペン・スケ-ルハンマ-
レボ-    (ドイツ) ハイスメタルソ-・セグメントソ-・バンドソ-
バロ-ベ   (スイス) 精密ヤスリ・鉄工ヤスリ・リフラ-(金型用コテヤスリ)
ニコルソン  (アメリカ) 鉄工ヤスリ・五本組ヤスリ
オ-ガストルゲベルグ (ドイツ) PFERD印軸付砥石・替刃ヤスリ・超硬ロ-タリ-カッタ-・HSSカッタ-
各種電動エア-工具
アンドリュ-スマイヤ-・AMF (ドイツ) L型六角 ロングレンチ・ショ-トレンチ・ボ-ルロングレンチ
T型ロングレンチ・各種キ-レンチ・バリフィックススパナ
エミ-ルオット-(ドイツ) エッチングペン
福田交易㈱ 精密ロックナット
ミユキ産業㈱ ニュ-エスパ-・エスパ-ミニ・ブライトミニ・ファ-ミ-・アルタミニ・カップホィ-ル
デイスクエスパ-・フラップホィ-ル・ブライトラジアルデイスク・ロイヤルデイスク
スリットホィ-ル等各種研磨布製品 シイベルジョイント
アンプレックス (アメリカ) ダイヤモンドペ-スト
㈱アライドマテリアル ダイヤモンド工具
クリストンダイヤモンド工業㈱ ダイヤモンド工具
㈱ツボ万 ダイヤモンド工具
名古屋ダイヤモンド工業㈱ ダイヤモンド工具
㈱東亜ダイヤモンド工具製作所 ダイヤモンドドレッサ-・バイト
㈱東京ダイヤモンド工具製作所 ダイヤモンド工具
旭ダイヤモンド工業㈱ ダイヤモンド工具
HALK TOOL ホ-クビット・オートポンチ
㈱スリ-エ-産業 AAA製品・タンピコブラシ・軸付フエルト・ラッピングステイック・ペンシルスト-ン・ホルダ-
サンフレックス㈱ セラジスク・セラポイント・セラポイントブラック・セラブラック・セラホィ-ル
SHOBHA (インド) マジックバイス・精密マシンバイス
コグスディル (アメリカ) バリ取りツ-ル(デバリングツ-ル・バ-オフツ-ル)
㈱太陽商会 サンパワ-製品各種・ホィ-ルブラシ・軸付ブラシ・カップブラシ・筒型ブラシ
ケイアイソフト㈱ KIイオンクリ-ナ-

|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »