« 2007年7月 | トップページ | 2009年8月 »

2007年9月 5日 (水)

異常潮位について

近年テレビで地球温暖化の現象として、北極・南極・ヒマラヤなどの氷河がとけたり・砂漠化などの映像をよく見ます。皆さんの中には頭で分かっていても、それを見られた後いざ実生活にかえってみると、実感がなかなかわかない方もいらっしゃるのではないのでしょうか(もっとも今年の異常な暑さの夏を経験すると実感がわいてきたと思いますが)。私も毎月東京大阪と出張に出かけますが、呉と比べると都会の暑さは異常です。土が無い都会の道路はアスハルトによる照り返し・乱立するビルエアコンの外に排出する熱気・車の排気ガス・人の多さ等々、着いたその日に帰りたくなります。東京での一日は、田舎の2倍3倍にも感じられます。同じ都会でも京都も確かに暑いですが(盆地)、街に緑や綺麗な河川・寺社仏閣が多くあり人間が生活できる都会のように思います。もっとも最近ビルが乱立し一部東京化しつつありますが。これ以上変わって欲しくない気がします。 弊社工場は30年近く前に埋め立てられた工場団地の中にあります。すぐ横は瀬戸内海の海です。ここ30年近く毎日海を見ていますが、10年前特にここ5年間の水位が異常なんです。特に満潮の潮位が高くなる(大潮)8月・12月などはすごいんです。対岸に民家がありすぐ前の昔の船着場(ここらではがんぎと言います)の潮位を見ていますと、以前は地面まで来ていなかった潮が、地面を越えて民家の玄関口まで来ているんです。またフェリ-が着く沖の公営桟橋は、8月12月と言わず満潮時に車の待機する駐車場所のところまで潮が上がって来る時があります。異常潮位が加速度的に起こっていると実感します。テレビの番組でよく何十年後には地球がどうとか言っていますが、私が思うに近年起きた津波と一緒で、あっという間に何もかも無くなってしまうのではないかと言う気すらします。毎日海を眺めているだけですが、子供達の将来の事を考えますと非常に脅威を感じます。弊社も埋め立て団地に工場があることすら矛盾を感じる昨今ですが、私達個人の生活だけでなく、私達が住まわせていただいている地球にも、ロハスな考え方が必要なのではないでしょうか。                  

|

« 2007年7月 | トップページ | 2009年8月 »