« 2013年2月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年5月30日 (木)

ミヤソーのご案内

皆様、こんにちは。
じめじめとした天気が続くなと思っていましたら、やはり関東地方も例年より10日ほど早く梅雨入りいたしました。
冷房のついた所も増えてきました。体調管理、また熱中症にはお気を付けください。

今回は弊社の「切る」超硬合金チップソー、「ミヤソー」のご案内をさせていただきます。

ワークを構成する材質は年々、多様化、複雑化しています。
ひとえに鉄、ステンレス、アルミといっても構成物質によりさらに細分化され、それぞれ性質が異なります。
そういった多様な材質に対して、チップソーも同じものではいけません。
鋸基盤、腰量、刃型、そして取り付ける機械に合わせた最適な切断条件までもミヤソーはご提案します。
本当に最適な切断条件の下で最適なチップソーを使われたとき、今までのチップソーは何だったのかとお客様は思われることでしょう。
切断面の仕上がりは一段と良くなり、刃先寿命をさらに延ばすことができますので最終的にコストが下がります。
さらに安心してご使用いただくために、熟練した技術者の腕で再研磨、修理サービスをお請けしております。

鉄、ステンレス、アルミ、銅、木材、プラスチック、塩ビ、樹脂、小さいものから大きいものま
切断のことならなんでもご相談ください。

__


Top_image1

|

2013年5月 7日 (火)

ホームページ開設8年目

ホームページ開設8年目に入りました。
弊社ホームページ・よもやま話をご覧いただいている皆様、弊社商品をお使いいただいている皆様、誠にありがとうございます。

この一年も世界の流れは全く留まることなく、ますますスピードを上げています。
昨年末の衆議院選挙では再び自民党に政権が戻り、「アベノミクス」という言葉があっという間に日本中に浸透しました。
急激な円安進行で輸出産業は恩恵を受けており、その面では一部製造業も盛り上がりだしたようですが、
まだまだ実感としては感じられない人がほとんどではないでしょうか。
その「アベノミクス」、経済政策の方針を「三本の矢」で表現しています。
それにあやかってというわけではありませんが、今回のよもやま話では弊社の三本の矢を改めてご紹介させていただきます。

弊社ホームページ製品案内をご覧いただけると分かるのですが、ヤスリ、ミヤソー、ミヤストーンの3種の商品群がございます。
「削る」ヤスリの製造から始まり、現場のこんな商品が欲しいというご要望に応えるため、「切る」ミヤソー、「磨く」ミヤストーンを開発してまいりました。
おかげさまで多くのお客様、現場の方から宮中の商品でないと駄目だという声をいただいております。
その声を励みにもっともっと良い商品をお届けできるよう、これからも精進致します。

Imgp1045_r
ツボミヤ 技能検定用ヤスリ

Top_image1
ミヤソー

Top_image011
ミヤストーン

現場の「削る」「切る」「磨く」を支える弊社の三本の矢、ツボミヤ印ヤスリ、ミヤソー、ミヤストーンを今後ともよろしくお願いいたします。
次回よもやま話ではミヤソー、ミヤストーン、ヤスリをそれぞれご紹介させていただきます。

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年10月 »